FXのレバレッジと、挫折体験を語る

FXのレバレッジで利益を出す

FXが初心者であっても大きな利益を出せる要因は、レバレッジという仕組みにあります。
レバレッジは、テコの原理に例えられるFX特有の機能のことを言います。
テコの原理は、重たい物体であっても道具を利用することによって小さな力で大きな力を生み出すことができる原理の事を言いますが、この考え方をそのままFXの世界に導入したのがレバレッジなのです。
レバレッジは、小さな資金であっても証拠金という担保を利用することによって大きな力を動かすことができる機能のことを言います。
FXは、外国為替証拠金取引という名称のことを言い、この名前の通り証拠金という担保をFX業者に預けて取引をすることになります。
この証拠金を預けることによって、普段では利用することができない大きなお金を取引で利用することができるようになるのです。
例えば、10万円の資金しか持っていない場合、1ドル100円の相場が1ドル101円になったときにはわずか1000円程度の利益しか生まれません。
しかし、レバレッジを利用すると持っている資金を10万円から100万円にすることも可能であり、この場合だと先ほどの例では1円の変動で1万円の利益が生まれることになるのです。
レバレッジの魅力は、必要になる証拠金をわざわざ直接業者に対して預ける必要がないことにあります。
もちろん、証拠金は用意しなくてはいけませんがこの証拠金は本人の口座の中に入っていればそれでよく、口座に入っているお金は取引に利用しても良いことになっているため、証拠金として預けなくてはいけないお金以下にならない限りはいくらでもお金を回転させても良いのです。
そのため、無駄なお金を用意することがありません。
国内の業者を利用するときにはレバレッジを約20倍前後まで引き上げることができます。
資金を20倍引き上げると利益が出たときには普段の約20倍の利益となって返ってくるため、短期間で利益を出すことができるようになっているのです。
返ってくるメリットが非常に大きい機能だと言えます。
レバレッジといえば、海外FXです。
海外FXのレバレッジは最大レバレッジ1000倍をも超える最強のスペックを誇っています。
FX海外口座はその分慎重にえらんだ方が良いと思います。

過去の損失の履歴を見てたくましく立ち直るFXのトレーダーも

FXでは、誰もが一度はスランプを経験します。そして大きな損失も経験しますね。

現に私も過去に一度、大きな損失を経験しています。ただ私の場合は、それほど損失額は大きい方ではないと思います。100万円にも満たない金額だからです。

人によってはもっと大きな損失額が発生していますね。数百万円を超える方もいらっしゃれば、1000万円や1億円などとケースは様々です。1000万円もの損失が発生するとなると、やはり誰もが大きなショックを受けるでしょう。

しかしそのショックから立ち直っている方がいらっしゃるのも事実です。一度はそのような大きな損失を経験したものの、たくましく立ち直って利益が発生するようになったトレーダーの方々も多数いらっしゃいます。

ではどのようにすれば利益が発生するようになるかというと、察するに過去の自分の履歴を見直したのではないでしょうか。

そもそもFXという投資商品には、必ず履歴が残っています。過去の取引によってどのような損益が発生したのか、ログが残っている訳です。

それはある意味、銀行の通帳と同じですね。あれは入出金の履歴が残っています。今では紙媒体ではなく、WEB媒体の通帳を用いている方々も増えてきているのですが。それと同じ履歴は、FXにもあるのです。

その履歴を見てみることは、FXでは本当に大事だと思います。見てみないことには、やはり自分の取引の弱点も分からないものだからです。

大きな損失から立ち直った方々は、その履歴を見て色々と反省したのではないでしょうか。客観的な数字を見てみて、自分のやり方にはどういう問題点があるのかを振り返ったのかなと思います。

思えばFXという商品は、損失の裏には必ず利益があります。ある買い注文によって10万円の損失が発生していたとしましょう。つまり「買うのではなく売っていれば」利益が発生していた訳ですね。自分が過去に行った取引と逆の行動を行っていれば、利益は発生していた訳ですね。

たくましく立ち直っている方々は、履歴を見てそのような振り返りを行っているのではないでしょうか。FXという商品で利益を出す為には、その振り返りは非常に大事な作業だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です